競馬の王道を歩む

競馬の基本は、自分で学び、自分で勝つことです。

悩みを抱えても

5月6日(木)


おはようございます。


今朝は昨夜来の雨も上がり

まばゆい日差しと暖かさに目がスッキリ

チビ達もお目覚めスッキリで

目はランランと輝いてました。

お散歩モード全開・・・・

すぐにお散歩に出かけました。


公園は今週末まで休みの人も多いようで

ランナーで一杯でした。

大きな会社はいいですが

日本は99.7%が中小企業

資本金1億円、社員100人未満ですから

ほとんどの会社はリモートワークも

出来るケースは多くはありません。


外出は控えてと言われても

お金の心配もありと・・・・

コロナ禍でそれぞれがストレスで抱えながら

寸暇を惜しんで走っているのでしょう。


一方でシングルマザーや働けなくなった方も多く

もう一度でも個人の生活支援金を支給すべきですね。

 

 

さて

地方競馬の連発で確信を持ちました。

やはり変なレースに手を出し過ぎてました。

今度は中央で連発の番です。

ご期待ください。

 

今日も頑張ります。

では、また。

 

 

閑話休題


ナポレオン・ヒル博士の講話より

 

信念と希望を持ち続ける


信念は、
人間が思いついたこと、
信じたことの実現を可能にします。

 


エジソン[注1]は
白熱電灯の実用化を信じていました。

彼は一万回以上も
失敗したにもかかわらず

自分の求めるものが
実現できることを知っていたのです。


それは

“ 信念の力 ” によるものでした。


また、
クリストファー・コロンブス[注2]は
地球が丸いと信じ、航海を続けていれば

いずれ地図に載っていない国を
発見できると考えていました。


その考えを信じない船員たちに
何度も反対されたのですが
彼は航海を続けました。

そして
ついに自らの信念に対する報酬を
受けることができたのです。

このように信念は、
人間の願望を実現させる方法を見つけさせ
必ず実現へと導くのです。

 

[注1] トーマス・エジソン
 (1847-1931)

アメリカの発明家。
白熱灯、蓄音機などを発明。


[注2] クリストファー・コロンブス
 (1451-1506)海洋探検家。

1492年、ヨーロッパから
アジアを目指した大西洋航海の途上で
カリブ海に浮かぶ島、西インド諸島を発見し
新大陸(アメリカ大陸)発見となった。

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。